2017年1月12日木曜日

第15期理事会、総会を開催

今日は、改装された和歌山県市民文化会館で、RIISの第15期の総会を行った。

道路は、12月に入ってようやく秋の色づきが見え始めた。



 
 
今日は理事のみの参加で、RIISの運営方法などが話し合われた。
 
 

 
理事会の終了後、新装なった文化会館2階のレストランで食事をしてみた。
 

 
内装は新しくなっていたが、ここでも運営方法がどれくらい改善されるか興味深いところだ。
 
RIISの運営も頑張らなくては。。
 
(臼井義美)

 
 
 
 
 

2016年12月14日水曜日

職員研修 in 那智勝浦

12月を迎えて、ようやく冬の気配が漂ってきた。昨年から、途中までは高速道路ができて便利になったが、トンネルを抜けるとまたトンネルの状態で、景色も見えずつまらないドライブだ。
 
 
しかし、すさみで高速を降りるといつもの海岸線に沿って東に走るが、朝日が正面になり結構まぶしい。
 
 
でも、海を眺めつつのんびりドライブできるのは助手席に座っているボクにとってはとても心地良いものだ。
 
 
今日は、那智勝浦町役場での職員研修だった。
 
 
残念ながら議会が始まったばかりで、職員の参加があまり多くなかった。
 
 
昼食で街に出たが、人通りが少なくて寂しかった。
 
 
 
 
帰りは、夕暮れが迫る串本の橋杭岩に立ち寄った。

 
 
(臼井義美)
 

IoTの公募に申請するための打合せ

今年は、我がNPOで総務省や経産省が盛んに公募している「IoTサービス推進」に関する公募に挑戦しようとご協力をお願いするかもしれない人々に事前報告や相談を行った。
 
まず、学びの丘の池田所長の紹介で、田辺市教育委員会の峪口氏とご相談した。「なかなかおもしろいプランですね。明日にでも教育長にお話して、ご報告しましょう」と言っていただき、早速、翌日に「教育長にお話すると興味を持っていただき、採択されたら具体的に検討しよう、とのお返事をいただいた。」とのお電話があった。
 
 
また、実際に「ヘルメットの加工が必要なったときは、手伝ってね」と、以前、イノシシの檻の加工でお手伝いをしていただいた浜地鉄工所を訪ね、浜地さんにお願いした。
 
また、田辺消防本部の安田次長と田辺市防災まちづくり課の宮野係長を訪ね、IoT事業を進めようとしている旨お話した。
 
 
 
 
それから、準天頂衛星を使いたいので、尾久土先生にご相談すると「それなら、秋山先生がやっておられる研究と一緒にやったら?」とアドバイスをいただき
、秋山先生がグループで検討をしておられる同じ総務省の申請に我々のNPOも一緒に加えていただくことになった。
 そこで、そのグループの会合を和歌山県の議員会館で行われることになり、ご一緒させていただいた。 
 
 
 
また、グループのプランに那智勝浦町が実験の実施エリアに入っていたので、職員研修のために訪れた町役場で、寺本町長とお会いしてご挨拶をした。
 
(臼井義美)

2016年12月1日木曜日

職員研修 in 紀美野町

今日は、秋も深まる中で、当NPOの自治体セキュリティ対策協議会初代会長にご就任いただいた美里町(合併で紀美野町に名称変更)で、職員研修を実施した。

 
役場の庭には、見覚えのある木が元気に生えていた。
 
 
今日は、早く着きすぎて担当の方を急がせてしまった。
 
 
道端には、秋が本格的に近づいていた。
 
 
(臼井義美)

2016年11月20日日曜日

内閣府主催の「青少年のインターネット利用環境作りフォーラム」に参加

今日は、土曜日だったが、ビッグ愛で内閣府主催の「青少年のインターネット利用環境作りフォーラム」が、開催された。



午前中は、相模女子大の七海准教授による基調講演で「地域で育む乳幼児期からのメディア習慣」のお話があった。



午後は、豊田先生がコディネータで、ボクを含めて6名のパネリストで討議を行った。

テーマは、「フィルタリングの普及について」と「ネット依存の対応について」だった。

 
最初にパネラーの自己紹介と自分たちがやっていることについて発表した。

ボクは、一番しゃべり易い「さいぱと君」の活動報告をした。



昼の弁当を講師全員と控室で食べたのだが、フィルタリングは何歳くらいから実施しているのかの話題になった。

高校生になったら、ほとんどフィルタリングをしていないという調査結果があるとの話が出たので、ボクは「高校生でフィルタリングしないと問題だという方がおかしい。高校生ならスマホの使い方や一通りの常識をわきまえて居るはずで、それができていないなら教育に問題がある。」と言ったことを
取り上げて、「臼井さんが昼休みにしゃべっていたような極端な意見もありますが。。」と紹介していた。

 途中、内閣府の村田参事官が、「有害情報の定義はあまりはっきり決められていない」との報告をされていた。



また、スマホ依存症について、会場からBig・U指定管理者の佐々木氏が「本人よりも親の教育が問題だ」との意見を述べていた。ボクはパネラーの意見を聞いていたが、自分の番では「スマホを使った時間が問題なのでは無くて、何に使ったかが問われなければいけないと思う。」と話した。
 
(臼井義美)

田辺市教育委員会にて打合せ

学びの丘の池田所長のご紹介で、田辺市教育委員会の峪口氏とお会いしてIoTサービスの実証実験に加わっていただきたい件についてご相談した。


峪口氏は「実証実験としては面白いですねえ。」とのご意見で「今日は、教育長が不在ですので、明日確認しておきます。」とのことだった。

 
翌日、峪口氏からお電話をいただき、「教育長にも話をしておきました。非常に興味を持っておられ是非参加したいとのことで、具体的な学校の選定等は、この提案が採択されたら一緒に考えましょうとのことでした。」と連絡があった。
 
(臼井義美)
 

2016年11月17日木曜日

職員研修 in 串本

今日は、天気予報では寒い一日になるだろうとのことだったが、実際は朝から暑いくらいのいい天気だった。

田辺から串本へは、新しくできた高速を利用するので、結構楽になったが途中からは海岸線の従来の道を走ることになる。


串本町での研修は午前中は古座川庁舎で行われ、午後は本庁舎で行うことになっている。

 
昼食は、毎年串本の橋杭岩の近くのうどん屋で食べているが、今年は改装していてやたらきれいになっていた。
 
 
食事を終えて橋杭岩を眺めていると、珍しく沖に帆船が停泊していた。
 

午後の研修は、本庁舎の会議室で行ったが、暑くてジャケットが要らないくらいだ。
 
帰りも逆光が眩しい海岸線を走った。
 
 
(臼井義美)